2009年05月05日

戦意壮大なれど、士気高まらず・・・・・

ウルトラマンシリーズ 第7話

『皆の衆!!』  とアトムが言った。

伊賀者頭領・服部半蔵まで我が軍に加勢してきた。
いつの間にか舞台を中国・韓国・台湾にまで拡大させ隠密行動を展開しているようだ。

竹田の宮・竹田恒和 倅・恒泰を落人とし、三国に受け入れを要請する・・・・ 
受け入れを容認した様に欺き竹田の宮を幽閉し、その後 日本政府に中・台・韓の 
“ある野心” をそっと耳打をちし、協力させる・・・・これを半蔵が請負う考えでいた。

『半蔵殿“ある野心”とは?・・・死すまで幽閉ならそれだけで良いのではないか?』 
と太郎が答えるが、半蔵は何も語らず獰猛な目で物静かに相手を見つめるだけ。
隠密行動にていくつもの死線を越えて来た者だけが放つ怪光な目である。
やはり忍者は忍者・・・・・・・であるか・・・。

『既に伊賀者が竹田の宮の外堀・内堀・落人先の三国まで攻略済み。
然し我らは根っからの戦士・・・釈然としないな。 そうだろう? 皆の衆!』
とアトム。 
太郎は無言のままでいた。どうしても、ナパーム弾を使ってみたいらしい・・・・。

・・・・・・・・・・・・『我が軍は武力で一気に殲滅する気でいたのに、
真綿でじわじわ絞め殺すやりかたは武人の我らには合わない戦!
これでは我らの出る幕はないな・・・・ 忍びは薄気味悪いな・・・・』 
それまで沈黙を守ってきた戦う女と変身した花子がようやく答える。 
一同苦笑いするのであった。


最近何故かあのゴルゴの影もちらほらと見え隠れしているが・・・・ 
ゴルゴの目的は? 又、服部半蔵との関係は? 

そして、花子が密かに想いを寄せる男・・・・
ケンシロウから北斗神拳を継承し現在カンボジアで修行中の宮本武蔵の子孫
でもある新北斗の男・武四郎のC・I・Aとの隠密行動の行方は?   
ますます魑魅魍魎・・・・・・

         つづく・・・・

1億3千万円借金騒動・週刊新潮2002年04月18日号 .pdf
『詐欺師親子!』JOC竹田会長・週刊新潮2008年06月19日号.pdf
または、
1億3千万円借金騒動・週刊新潮2002年04月18日号 .doc
『詐欺師親子!』と告発された・『愛人入籍』JOC竹田会長・週刊新潮2008年06月19日号.doc
posted by ゴルゴ at 10:44 | TrackBack(0) | ウルトラマンが破壊する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。