2009年06月12日

カンボジアで見かけた宮本武蔵の子孫・武四郎。

ウルトラマンシリーズ第8話

早朝の稽古を済ませ
作戦本部に出勤し、一杯の茶でくつろいでいるところを弟子達が
『緊急のメールが届いてまする!』と騒ぎ立てている・・・

半蔵は疲れていた。隠密行動の一環とはいえ、昨夜も歌舞伎町のキャバクラで
ある団体の接待を受けていたからだ。
『こう連日連夜の無礼講だと身が持たぬな。
きっと亜矢子殿からの同伴のお誘いじゃろう・・・』

作戦会議の為に、すでに待機していたウルトラ兄弟達は半蔵の場違いな発言に
失笑する。

半蔵は思った
『御主達は恵まれておるの。有事の際にはマッハで、ひとっ飛び』
半蔵はマッハで空を飛ぶ事が出来なかった・・・。
その為、通勤時間には人並みの時間をかけてしまっている。
せめてもの救いは満員電車ではあるが山手線の待ち時間が少ない事である。

『半蔵殿、差出人は?』太郎の声でようやく我にかえる半蔵であった。
『亜矢子殿では無いようじゃの・・・・』


【差出人】影の軍団:カンボジア支部
【件名】 武四郎発見
【本文】アトムの手塚パパの古い知人が、
在カンボジア大使付き武官の前に現れたのはおそらく3年3ヶ月前と推定される。
武四郎も同じ頃に現れた。この武官と武四郎は米国横須賀海軍基地で知り合う。
その後カンボジアに渡るまで5年間その関係は続く。
更に驚くべき事実は、この二人は台湾にも2年6ヶ月滞在している。
武四郎31歳と思われるが何故に日・英・中・カンボジア・ベトナム・タイ・ラオス語を操るのか?

何故主にアジアの各国、ましてやミャンマーのクンサーの妹を知るのか?


1920年代激動渦巻く列強の中国・・・・
蒋介石の情報組織軍統、中国黒社会・≪青バン≫の大ボス“杜月笙”

世界最強最大の黒社会の大ボス“T”この組織は台湾国民党と共に生きてきた。
この大ボス“T”のプノンペンの別邸を武四郎が訪ねたのも3年3ヶ月前。

この因縁らしき事実をどう理解するのか?。
謎はますます深まる・・・・・・・魑魅魍魎。
______________________________________________________________

半蔵と共に、
影の軍団:カンボジア支部からのメールを確認した太郎たち一同は驚愕した。

いったいこれは・・・・・武四郎という男は・・・・
≪竹田の宮親子≫をただの出汁にした、全く別の日本叩きの世界の野心が
見え隠れしてきたと、ウルトラ・アトム軍団はますます確信した。

何故か花子は沈痛・ため息らしき嗚咽。

皆は又、別の意味で母国日本がこれから更に追い込まれる悪夢に
最近酒宴続きの酒もまずくなるのであった。

さらに武四郎とゴルゴは深い関係が有るとの噂?

つづく・・・・

≪クン・サ≫
【クンサー】とも言う。中国名:張奇夫(1934年 〜 2007年10月26日 )は
中国国民党の軍人、タイ・ミャンマー国境の少数民族シャン族開放組織
モン・タイ軍の指導者であり、黄金の三角地帯を作り上げた麻薬王でもあった。

中国での国共内戦(中国国民党と中国共産党の内戦)を重ねた蒋介石総統率いる
国民党軍の一部は、雲南省からタイ北部に逃れそれらの部隊のひとつ
「第93軍」は中国共産党からの国土奪還の為の資金集めとして、民族・国境紛争
の絶えなかったタイ北部に定住。

少数民族解放運動を大義とし武装を続け、アヘン栽培で資金集めをしていた
第93軍兵士とシャン族女性の間に生まれたのがクン・サである
1934年の出来事であった。

その頃日本では、張作霖爆殺事件によって、日本は国際的な批判を浴びた。
張作霖の後を継いだ息子の張学良は、蒋介石の南京国民政府への合流を決行
するなど、日本に敵対的な行動を取るようになる。

また、南満洲鉄道のすぐ横に新しい鉄道路線などを建設し、安価な輸送単価で
南満洲鉄道に経営競争を仕掛けた。危機感を抱いた関東軍は、再三に渡り恫喝
するが聞き入れられず、関東軍の幹部は本国に諮る事無く、満洲の軍事占領を
計画した。

1931年に関東軍虎石台独立守備隊が柳条湖の南満州鉄道線路上で
爆発を起こし、線路を破壊した。関東軍は、これを張学良ら東北軍による
破壊工作と画策。部隊は一斉に軍事行動を起こし直ちに中華民国東北地方の
占領行動に移った。満州事変勃発。
(関東軍高級参謀板垣征四郎大佐と関東軍作戦参謀石原莞爾中佐が首謀。)

1932年・上海でも中国軍に攻撃開始(第一次上海事変)。
併行して満州国建国宣言。さらに2年の歳月が流れ・・・・


清朝廃帝の愛新覚羅溥儀が1934年『満州国皇帝』 を名のり 
『満州国』 で帝制開始。

その翌年には日本軍の華北侵略に抵抗する北京の学生デモが中国全土に波及。

1936年・青年将校クーデター(2・26事件)勃発。

そしてついに1937年・日中戦争が始まるのである。

まさに、アジアが激動する時代に生を受けた男である。

http://maglog.jp/nabesho/Article322877.html
posted by ゴルゴ at 22:03 | TrackBack(0) | ウルトラマンが破壊する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121376561
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。