2009年06月13日

日本暴力団・右翼連合完全敗北!!竹田宮捕獲


ウルトラマンシリーズ 第9話 最終回

天界門・満義基108依りの密使がウルトラ軍総本部に現れたのはウルトラ兄弟達が
半蔵率いる影の軍団カンボジア支部から緊急のメールが届いた翌日の事であった。

訪日の目的は、竹田の宮親子が内閣調査室・日本暴力団・右翼に泣きついた事。
相対するは中国公安・黒社会T・洪門は古くからの友人である日本人MFについた
決定事項を知らせる為である。

これを全世界に対し明言し、彼等の総戦力もウルトラ軍に加勢する事も
合わせ明言した。
竹田の宮を出し汁にした中国の野望が明確にされ日本の命運ここについえたのである。

服部半蔵・ゴルゴ・武四郎の本意は? ウルトラ軍・アトムの決断は?
竹田の宮親子の処断は? いよいよ最終章までわずかの時間しか残されていない・・・・・。
そして、肝心のMF・天界門の決断は何処に・・・・

武四郎・ジョージ・MF・中国黒社会T・結社T・台湾軍・中共軍の7名は米軍佐世保基地に入り、
あわただしく横須賀基地に戻った。

竹田の宮親子は攻撃再会寸前に既にゴルゴによって生け捕りにされ、息たえざえの状態で
芋入れ袋に逆さまに投げ込まれていた。何故、芋入れ袋に逆さまに投げ込まれたのか?
それは、竹田宮親子によって死に追い詰められたある男の執念・・・・怨念・・・・
その復讐をゴルゴは遺族から請け負っていたからである。

ゴルゴもその男の事は知っていた。かつてイラクで作戦行動を共にした事があるからだ。
早稲田大学政治経済学部を卒業後、23歳で陸上自衛隊に入隊。
幹部候補学校を経て日本国きっての精鋭部隊・第一空挺団に入隊するが家庭内の事情から
傭兵になった男である。

平和な国・法治国家日本であり皆が中流階級・・・日本国内で生活していれば特に不自由は
ないはず・・・
だが現代の日本で自衛隊エリート部隊のキャリアを捨ててまで家庭内の事情で
傭兵の道を選択したその男に少なからず興味を抱いたのは言うまでも無い・・・
無論傭兵として花咲かせることなく彼も例外なく非業の死を遂げている。

戦友の仇討ちなんてセンチメンタルな感情は一切なかった。
竹田恒和は女衒の死にぞこないであり、倅の恒秦は妖怪以下の妖怪。
卑しい本性丸出しの糞まみれである為、なんの容赦もする必要がなかった・・・・

これが一流の仕事人非情な男ゴルゴの美学である。

袋詰めされている親子を北朝鮮が欲しいとの事。
『死すまで収容場にて強制重労働の刑を日帝を代表し、朝鮮族の怨念を味あわせたい』
金正日の依頼だ。北朝鮮に借りはないが、今後の南北統一を視野に入れれば
ここで奴等に貸しを作っておくのも悪くは無い。これには韓国も大賛成。日本も賛成。
中共・天界門も大賛成。米・欧・ロシア・インドシナ・亜細亜も黙認。

日本暴力団と右翼の屍にはアトム念願のナパーム弾が雷神の如く投下され
辺り一面焼け野原と化したが、アトムと今は亡き手塚パパには既に死体の形も無い物に投下しても不満だけが残る結末であった。

日本の暴力組織は黒社会Tが幕藩体制を敷き中国黒社会が占領。
右翼の組織は結社Tが占領。中共・台湾・日本が合意し米も同意した。

半蔵は一族を引き連れ独自の情報省担当。半蔵たっての希望から新アジトは
新宿歌舞伎町となった。
ゴルゴはテロ対策非常勤顧問。ジョージ【米国政府機関員】は客員特別顧問。

武四郎は独裁軍事国家ミャンマーに向かったがその目的は?
故クンサーの妹と会う為だけに・・・?彼の行動もまた不透明である。

MFはこの後何を考えるのか?この男の真の目的はいったい何だったのか?
この男の真の正体は? 
何故か未だ何か起きそうでならない予感がする・・・・

・・・・・・完

1億3千万円借金騒動・週刊新潮2002年04月18日号 .pdf

『詐欺師親子!』JOC竹田会長・週刊新潮2008年06月19日号.pdf

1億3千万円借金騒動・週刊新潮2002年04月18日号 .doc

『詐欺師親子!』と告発された・『愛人入籍』JOC竹田会長・週刊新潮2008年06月19日号.doc
posted by ゴルゴ at 23:57 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121439108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。