2010年04月10日

昨夜、竹田恒泰卑劣極まる逃げ。

昨夜の≪竹田恒泰講演とハイチ大地震チャリティ≫会場に行ったが卑劣にも逃げた。 日時4月9日19時。 

会場は、ウエスティンホテル東京地下2階スターホール。ダミー主催者、オフィスクマガイ。

私が先ず、クマガイ、受付、警備の者達に、竹田恒泰に面会を要請。立会人、秋田氏。この方も大変な詐欺被害者の一人。然し、居るはず、そこに居たはずの竹田恒泰は、『先生は、今回は講演しない事になったので在籍してない。』と何度も返答が返ってきた。可笑しいと思い暫らく張り込みしたが不調に退去。  

昨夜遅く、今朝、夕方の内部、発起人、スポンサー情報に寄れば間違いなく竹田恒泰は羽織袴で講演したと証言。やはり6年近く逃げられっぱなし。卑劣にも昨夜も逃げられた。今度は絶対逃がさない。その場で告発糾弾。 

2010年04月10日/藤澤基邦
posted by ゴルゴ at 18:45 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

竹田恒泰9日黒いチャリティ。

竹田宮倅恒泰4月9日プレミアムバンケットハイチ大地震チャリティ?
 
チャリティやる資格全く無し。貧しい人の金を詐取し長年逃げ回り、この被害者は破産以上の悲惨な状況に家族もろとも追い込まれ、家族離散の憂き目の自殺寸前の憂き目に遭わされた。 

竹田恒泰。竹田恒泰醜聞。竹田宮。竹田宮醜聞。竹田恒和。竹田恒和醜聞。慶應大学。慶應大学醜聞。慶應大学講師竹田恒泰醜聞。ロングステイ財団専務理事竹田恒泰醜聞。皇族作家竹田恒泰醜聞。JOC醜聞。日本馬術連盟醜聞。千玄室醜聞。日本パラリンピック醜聞。日本体育協会醜聞。松見病院醜聞。等等、検索下さい。

内外で検索可能です。これは事実です。

ましてや日本第二位の反社会其の筋の発起、後援での開催は即刻中止すべし。チャリティに男子はタキシード、モーニング。 女子はカクテルドレス、イヴニングの服装。チャリティに相応しくないいでたち。

チケット1枚5万円。70名分を其の筋の力で販売。チャリティを食い物にしてる。新手の其の筋と竹田宮家の合体資金集めとしか判断出来ない。チャリティに名を借りた反社会行為。

この手で次々と其の筋の資金集めが行われるは必定。当局、国税、メディアは注目。竹田宮の本性がここに証明された。 

2010年04月08日/全球皆救援総連前線

 
posted by ゴルゴ at 10:32 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

竹田恒泰其の筋の後援で9日講演会。

竹田宮倅、竹田恒泰講演04月09日19時、都内某ホテルで其の筋後援開催。
其の筋日本第二位団体後援で竹田宮竹田恒泰講演会開催。流石我が耳疑ったが事実。

そんな事は断じて許し難き事である。 2010年04月07日/藤澤基邦


posted by ゴルゴ at 12:55 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

竹田宮、松見家合体DNA恐るべし一族。

松見病院、常盤病院理事長松見達俊は前理事長松見達夫の兄弟。  

達夫が相続人田川隆一郎を暴力団に殺害依頼とか、債権者小坂氏の下から忽然と消え死亡した事実。

小阪氏がそれを達俊に尋ねたら異常な速さ、電光石火の速さで尋常ならざる手で反応し威迫反撃。怯えだした。達夫は実母を精神病院で殺したとか、これも内部情報である。サスペンス映画顔負けである。

精神病院ほど儲かる商売はこの世にはない、大した医師、設備不要、只薬漬け、眠らせ、注射、面倒な患者は 大量な薬、注射、手錠、縄で懲罰以上の暴挙。戦前の刑務所、収容所以上の悪魔の所業。まるで北鮮式。

平然と日頃から歴代理事長は言い放す。『死なせないで生かせば生かすほど儲かる商売だ』と。患者はますます治るどころか生きる屍。患者の家族からは何かと心付けます・・・・と。
posted by ゴルゴ at 09:42 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

松見病院、常盤病院、竹田宮告発糾弾。

松見病院。常盤病院。両理事長T.M。一部理事T.T。事務方不正証拠。長年続けられてきてる大変な不正の証拠本日届く。驚くべき信じられぬ不正である。≪証拠隠蔽、隠滅は既に不可能≫と本人達は自覚せず、『記事にするならしろ!』とのコメント。反社会的行為を反省も謝罪もなくのコメント。これにより社会正義、法の遵守の為告発糾弾に及ぶものである。 

2010年3月20日/全球告発糾弾総聯前線

posted by ゴルゴ at 18:37 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。